Home Games & Hobbies Mayflower Entertainment、2月19日Point & clickアドベンチャーゲーム「ラストメモリーズ-闇の記憶」正式日本語版リリース

Mayflower Entertainment、2月19日Point & clickアドベンチャーゲーム「ラストメモリーズ-闇の記憶」正式日本語版リリース

▲ゲームのメイン画面. (出典:Mayflower Entertainment)

▲ゲームのメイン画面   (出典:Mayflower Entertainment)

▲ゲームのメイン画面 (出典:Mayflower Entertainment)

▲ゲームプレイ画面  (出 典:Mayflower Entertainment)

▲ゲームプレイ画面 (出 典:Mayflower Entertainment)

長くない悲劇的な旅程に関する暗い物語, あなたの選択によってエンディングが変わるマルティエンディング

EUNPYEONG-GU, SEOUL, KOREA, February 21, 2024 /EINPresswire.com/ — Mayflower Entertainmentは2024年2月19日、ArtRow gamesのアドベンチャーゲーム「ラストメモリーズ-闇の記憶」の正式日本語版リリース記念として10%割引価格で販売すると発表した。

Mayflower EntertainmentはArtRow gamesと「ラストメモリーズ-闇の記憶」日本語版契約を締結し正式ローカルゼーションとマーケティング等全般的なサービスを準備してきた。

「ラストメモリーズ-闇の記憶」は長くないプレイタイムにも関わらず単純な謎解きよりストーリーを通してメッセージ伝達に力を入れた。

このゲーム『1998年以降、アメリカに限って子どもの車内熱中症(車内に残された子どもが熱中症で亡くなる事故)で900名以上の子どもが命を亡くなった』という研究結果をもとに制作された。

長い間待ち望んでいた動物園に行くことになったエリー。 父と娘は二人きりの旅に出る。二人はは車でかなり離れている動物園に向かうが、父は会社に呼び出される。 休暇であるにもかかわらず、父は会社に立ち寄ることになり、エリーは車に一人で残ることになる。 天気は蒸し暑く、父は書類フォルダを持って急いで車に帰るが、彼を待っていたのは数台の救急車と通行人の群れだった。父の意識は娘に対する最後の記憶を聞こうとするが、鉄格子越しに聞こえてくる列車の音が父を苦痛の震源地に再び連れていく。

ゲームはアルバムを中心に進行され、完成したアルバムを通じてすべての話が公開される。 また、列車という場所でその日の記憶が交差する。最初の車両は朝食と家、2番目の車両は自動車、3番目の車両は動物園だ。最後の車両は父がエリーとどのように会うかによって結末が変わるが、ここで父の未来が決定される。

「ラストメモリーズ-闇の記憶」を開発したArt RowgamesはMayflower Entertainmentと共にしっかりとしたストーリーと節制されたグラフィックでユーザーにクオリティのあるゲームを持続的にお届けしたいというを意志を明らかにした。

Brian Park
+82 70-7730-7774
Mayflower Entertainment
mayflowerent@gmail.com

Originally published at https://www.einpresswire.com/article/690095533/mayflower-entertainment-2-19-point-click

Previous articleTurboTax Live Assisted Deluxe 2024 Introduces Enhanced Features
Next articlePhrase Welcomes Marion Kaehlke to Global Leadership Team as Chief People Officer